果物

長野県はフルーツ王国

りんご、もも、なし、ぶどう、さくらんぼなど、長野県では、挙げればきりがないほどたくさんのフルーツが栽培されています。
種類の豊富さに加えて、りんごやぶどう、もも、なしなどの生産量は全国屈指で、長野県の果樹生産の主力となっています。
生産量が多いというだけではなく、長野県のフルーツは他と比べても美味しいことも、フルーツ王国と呼ばれる由縁となっています。

フルーツ王国として、オリジナル品種の開発や、品質の向上にも力を入れています。
たとえばりんごでは、「秋映」「シナノスイート」「シナノゴールド」は「りんご3兄弟」の名前で親しまれる長野県生まれの品種です。

飯綱町のフルーツが美味しいヒミツ

長野県産のフルーツは美味しいといわれるヒミツは大きく2つあります。

1.日照時間が長い

雨が少なくて日照時間が全国トップクラスに長いこと。
フルーツのおいしさを育むのは、なんといっても太陽の光です。
日中、たくさん太陽を浴びて光合成をすることで、たっぷりの養分を蓄えます。

2.昼と夜の寒暖差が大きい

内陸性気候の長野県は、避暑地のイメージとは裏腹に、真夏の昼間はぐんと気温が上がりますが、夜になるとうそのように涼しさがやってきます。
つまり、昼間の太陽を浴びてつくられた養分を、夜の厳しい寒さに耐えるために蓄えます。
そうして甘さと栄養とが詰まった美味しいフルーツとなります。

四季それぞれの旬のフルーツを、産地から直送!

スーパーやデパートでフルーツを買うのもいいですが、とれたての味わいやみずみずしさ、そして食感は、産地直送でしか味わえない魅力です。
いいづなファームでは、飯綱町にある農産物直売所から商品を直送します。
農家さんが大切に育てた四季折々の旬なフルーツを、フレッシュな状態でお届けいたしますので、その美味しさは格別!
ぜひ、飯綱町のひと味違うフルーツをご堪能ください。

絞り込み検索