乾そば

長野県飯綱町乾そば

飯綱町では、珍しい十割蕎麦の乾そばを作っています。
そば粉は結着性が弱いため、普通はつなぎに小麦粉を使用します。
乾そばになるとさらに結着しなくなるため、市販されている乾そばには、原材料の半分近くを小麦粉が占めるということも珍しくありません。
しかし飯綱町では、良質な飯綱町産のそばを味わってほしいという思いから、十割そばの乾麺を作りたいという思いが強くありました。
乾麺の十割そばを製造できる会社がなかなか見つからない中出会ったのが、乾麺を結着させるための特許技術を持つ長野市の山本食品株式会社さん。
そして、その技術により、原材料は飯綱町産そば粉のみという十割そばの乾麺が生まれたのです。
普通の乾そばを茹でた場合、茹で汁は薄く、そば湯は飲むことができませんが、飯綱町の十割そば乾麺は、1回茹でてもう一度茹でたいときには湯を換えなければならないほど、濃いそば湯が取れます。
賞味期限が長く、いつでも美味しいお蕎麦が食べられるということで、十割そばの乾麺は、特にお土産に人気の商品です。
ぜひお楽しみください。

カテゴリーから選ぶ
容量から選ぶ
金額から選ぶ

申し訳ございません。検索に一致する商品が見つかりませんでした。